広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

GBRの将来的なリスクは?

 GBRは骨誘導再生法とよばれ、Guided Bone Regenerationの頭文字をとってGBRといわれます。GBRはなくなってしまった歯槽骨や顎骨などの骨組織の再生を促すための治療方法です。インプラント治療では顎骨に埋入体を埋め込みます。そのため、インプラント体をしっかりと固定させる必要があります。そのような理由で、インプラントの治療には十分な顎の骨幅が必要になります。顎骨が薄いと治療を行ってもインプラント体が突き抜けてしまったりしてよくありませんので、骨が薄かったり、骨量が少ない人の場合は治療前に骨を増やす必要があります。そのような時にGBRはインプラント埋入のために利用されます。

 GBR治療を行う方法としてはまず、埋入体を埋入させます。そして、それを支柱にし、骨の誘導再生を目的として自家骨・骨補填剤を入れて、生体材料で構成された人工メンブレン膜で覆います。そして、人工メンブレンを設置後、歯肉を元の状態にして骨再生を待ちます。骨の再生速度には個人差はあるものの大体4から6ヵ月くらいで再生されるといわれます。人工メンブレンを固定させるため固定用ピンが使用される場含もあります。骨再生後、インプラントがしっかり固定されることが確認できたら、人工歯の装着を行います。

 GBRのリスクとしては、GBRは画期的な治療法ですが成功に導けなかった場合、将来的に患者の骨レベルを低下させたり、審美性にも大きなマイナスの影響を与えたり、インプラント体の再埋入ができなくなるといった患者の負担や苦痛につながる点が挙げられます。

 このような点について心配がある人は広島県広島市東区にあるトリプルエープラスデンタルクリニックがおすすめです。広島県広島市のトリプルエープラスデンタルクリニックは日本口腔インプラント専門医としての10年以上実績をもち、徹底的な安心、安全を確立をモットーを第一にしている歯科医院です。また、圧倒的な治療実績数をもっている専門医院です。

 広島県広島市のトリプルエープラスデンタルクリニックでは毎回の治療に1時間の時間をとり、患者さんに最善の治療を提供することを第一にした診療が行われています。個室のカウンセリングルームが設置され、初回のカウンセリング時にはドクターに治療に関する様々な質問にたいへん丁寧に答えてもらうことができ、納得の上で治療を始めることができます。トリプルエープラスデンタルクリニックは広島の歯医者で口コミNo.1の歯科医院で、充実した治療を受けたい場合にはおすすめの歯科医院です。

広島でインプラントに関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ