広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

インプラント時にCTは必要か

インプラント治療は失った歯を取り戻すだけでなく、歯を取り戻すことで生活自体を向上させることが出来る優れた治療法だと言えます。その為入れ歯などとは違いとても治療を慎重に行う必要性があるわけですが、インプラント治療を行う際にCTを使用する必要性はあるのでしょうか。

一般的な歯の治療の場合、レントゲン撮影を行い虫歯の状態などを確認して歯の治療にあたることになりますが、インプラント治療の場合は平面的に見えてしまうレントゲンではインプラントを行うための詳しい内部の骨の状態などが分からないことになります。インプラント治療の場合、歯茎を切開し内部の顎の骨に対してインプラントを取り付ける必要があるため、立体的な顎の骨の構造や、神経がどのように通っているのか、顎の骨の厚みはインプラントに適しているのかなどを詳しく知る必要があります。患者への説明の際にも平面的なレントゲンではどのような治療を施すのかが説明し難いため、立体的な3次元構造が確認できるCTの利用はインプラント治療には必要不可欠になると言えます。


もしCTを利用しないままインプラント治療を開始した場合、切開して見たら骨が薄かったとか、インプラントを設置するための穴を開けたら骨が脆くてインプラントが設置できなかったということも十分に考えられます。そういった治療の失敗を未然に防ぐためにもCTの利用は必要になってくるわけです。広島のトリプルエープラスデンタルクリニックでもCTの重要性を訴えてますし、CTを使用した説明のほうが患者に対して安心感を与えられると説いています。広島のトリプルエープラスデンタルクリニックには最新の3DCT機器を常備していますので、まるで自分の顔の骨の内部を直に見てるような状態で、インプラントの治療に関する説明を行ってくれます。

基本的にインプラント治療は単なる虫歯の治療とは大きく違い、手術を必要とする大規模な治療となりますので、出来るだけわかりやすく安心できる説明と、実際にインプラントを設置した場合にどのような治療となるのかを患者側も知りたがっています。それを可能に出来るのがCTを使用したインプラント治療ということになりますので、CTで分かりやすく説明をしてもらいたい場合には広島のトリプルエープラスデンタルクリニックを受診してみると良いのではないでしょうか。CTを常備している歯科医院はそれほど多くはありませんが、広島のトリプルエープラスデンタルクリニックに関しては最新のCTが有りますので安心して治療を任せることが出来るでしょう。


広島でインプラントの治療内容に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ