広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

インプラントをするタイミングは?

広島市のクリニックを見てみても、歯を失う理由としてはむし歯が悪化した際に抜歯した場合や歯周病が悪化した場合など様々なケースがありますが、そうした抜歯後にインプラントを選択する場合には、適切なタイミングというものが存在します。主に抜歯待時法と抜歯即時埋入法と呼ばれる手法がありますが、ここでは広島市でもよく選択されるこれらの方法について見ていきましょう。まず両者の名前を見て分かる通り、これらは抜歯後インプラントを行うまでの期間を表しています。普通に考えれば抜歯後すぐにでも治療を終える方が患者の負担も少ないように思えますが、広島市でもこれら両方が選択されているということは、それぞれにメリットとデメリットが存在すると分かります。

まず抜歯待時埋入法では、抜歯後に歯茎の回復を1ヶ月から2ヶ月ほど待って行う場合と、顎の骨の回復を3ヶ月から4ヶ月ほど待って行う方法があります。なぜこうした期間を空けるかと言うと、インプラント治療という特殊性がその理由になります。インプラントは骨に土台を埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けるというものですが、その性質上顎や歯茎の衰えは大きなトラブルの元になります。実際広島のクリニックでも、こうした歯茎や顎の衰えが原因で劣化したり、取れてしまうというケースが報告されていますが、こうした事態を避けるためにも最低限顎や歯茎の回復を待っておく必要があります。冒頭でも述べたように、抜歯を行う理由が歯周病やむし歯によるものが多いので、広島のクリニックでも必然的に治療時に顎や歯茎が衰えている方が多くいらっしゃいます。またこうした抜歯直後の状態では感染症のリスクも高くなってしまうので、このようなリスクを避けるためにも抜歯後ある程度期間を設けて治療を行ってきました。

しかし、数ヶ月の回復期間を待って行うこうした抜歯待時埋入法は患者負担も多いというのも事実で、最近では抜歯後にすぐに治療を行える抜歯即時埋入法と呼ばれる方法もよく選ばれるようになりました。広島でも採用するクリニックが増えてきましたが、これはインプラントの製品や技術が向上したという点も大きなポイントです。これまでのインプラントよりもはるかに感染症に対してのリスクを軽減出来る製品や患者負担の少ない切開方法など様々な技術が確立しているので、抜歯直後の状態であっても感染症のリスクを抑えながらこうした治療が可能になりました。広島のインプラント專門クリニックでもこうした抜歯即時埋入法を導入している所が増えていますので、ぜひ一度ご検討下さい。


広島でインプラントをするタイミングに関してのご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ