広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

静脈内鎮静法とは

親知らずの抜歯やインプラントの手術など、従来の歯科治療という枠組みではなく、外科手術となるような治療では痛みに対しての不安も大きくなります。広島の歯科クリニックでもインプラントなどの治療の際にはそうした意見や不安の声を頂戴しますが、当然麻酔など痛みに対してのケアは万全に行いますので、無痛での治療が可能になります。


むしろインプラントの治療であっても、普段広島で受けられるむし歯や歯石取りよりもはるかに痛みや苦痛が無く治療を行えるので、不安に思っていた方は拍子抜けするほど早く終わってしまいます。ここではこうした無痛治療の中でも、インプラント治療の際によく選択される静脈内鎮静法について見ていきましょう。

静脈内鎮静法はインプラントなど大掛かりな外科手術を行う際に、広島でもよく選択されるものですが、これは精神安定剤を静脈に点滴していくという手法です。全身麻酔では完全に意識を無くしてしまうので、不安や恐怖を感じる方がいらっしゃいますが、静脈内鎮静法は意識を残したままリラックスした状態で治療を受けられるので、ウトウトした状態で全く痛みや不快感の無いままあっという間に治療を終えることが出来ます。


こうした効果から、従来の方法でのインプラント治療に躊躇していた方も安心して治療を受けることが出来ますが、単に苦手というレベルではなく、歯科治療に際して動機や吐き気を誘発してしまうなど、恐怖症に近い形で拒絶反応を示してしまう方には、こうした静脈内鎮静法は非常に有効な方法になります。

こうした静脈内鎮静法は広島でもインプラントや親知らずの抜歯などに適用されますが、現在の所保険適用外なので自費での治療になります。広島でも数多くのクリニックが導入していますが、その適用範囲や薬剤も多様なものになっているので、一概に料金は言えませんが、おおよそ広島市内のクリニックの平均値では20,000円程度が目安になります。

こうした静脈内鎮静法自体を不安に感じる方も多くいらっしゃるでしょうが、全身麻酔と同じように治療の際には血圧や心拍など各種の生体データをリアルテイムで確認しながら行われるので、安心して治療をスタートすることが出来ます。このように静脈内鎮静法はインプラントを行う上での不安や恐怖を上手く取り除くことが出来るものですが、必要な設備や技術もレベルが高いものなので、広島市でも全ての歯科クリニックで行えるものではありません。しかし、最近では無痛治療をコンセプトに置くクリニックの多くで採用されているので、ぜひ治療の際には一度お近くでこうした静脈内鎮静法を受けられる歯科クリニックをお探し下さい。


広島でインプラントの治療内容に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ