広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

骨造成とは

歯の治療方法は時間とともにいろいろなものが生まれています。日本も長くアメリカなどに遅れを取ってきたと言われていますが、情報の伝わり方が早くなったり、また歯医者の数がコンビニよりも多くなったと言われることで、生き残り策として充分なレベルの高い治療を行えるようにする歯医者が増えたこともあり、治療のレベルとしてはだんだん上がっているといえます。


そうした中で、インプラントという治療法も生まれました。これは、歯を失った場合の治療法で、部分入れ歯やブリッジとは違う選択肢として生まれたものです。また、多数の歯を失った場合にも、インプラントを一定間隔で埋めることで、安定感のある入れ歯、人工歯を作ることができるなど、たくさん歯がなくなった人にも良い治療法です。


ただしこのインプラントは、顎の骨に埋めるものですので、一定量顎の骨がなければ、最悪顎の骨を突き破って大きな事故につながるケースもあります。そういう場合はインプラントをあきらめるのでしょうか。

実は、顎の骨や増やす方法もあります。骨造成、という方法です。
たとえば、上顎は、そもそも上顎洞というものがあり顎の厚みが足りない人が多いのですが、サイナスリフトと呼ばれる上顎洞を埋める方法がメジャーです。充填した材料を時間をかけて、骨に変えていくのです。またGBRという方法もあります。インプラントを埋め、露出している場所に骨補填材を使うことで人工の根を骨で覆えるようにします。歯肉を切り開いて行いますので、歯の治療というよりは口の中の手術といった考え方が良いでしょう。
こうした治療の幅を広げる骨造成ですが、注意が必要なのは、とても難易度が高いということです。またインプラントも新しい治療法なのに、骨造成はさらに例が少ないので、予後の計算がしにくいということもあります。


また患者への、痛みなども負担も大きいです。
ですから、そもそもインプラントというのは治療費が高いこととあいまって、骨造成も含めるとかなり額が増し、肉体的にも金銭的にも負担が増える覚悟が必要になります。
そうした点を解消できるくらいの技量を持った歯医者を探さなければなりません。広島でこうした治療を行う場合も、きちんと骨造成に経験を持っていて、リスクなどについて充分な説明をしてくれる歯医者でないと危険でしょう。ろくに説明もせず、とにかくすぐ治療に入ろうとする歯医者など論外で、愛想が良い、などといった理由で歯医者を決定することはやめなければなりません。


広島でインプラントの治療内容に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ