広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

インプラントを長持ちさせる方法

歯というのは、食べ物を細かくかみ砕いて消化を助ける大切な器官です。きちんと食べ物をかめないと、消化をするときに内臓に不必要な負担をかけてしまうことになり、全体の健康に関わることになっていくのです。ですからきちんと日々の歯磨きをし、また定期的に歯科医院でメンテナンスを受けるようにしておくと、歯の健康を保つことができるでしょう。

ただ、深い虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまうこともあります。
抜けた歯を補うためにはブリッジや部分入れ歯もありますが、それらと比べて、これまでの歯と同じ使用感を得られるインプラントは画期的な治療方法で、現在急速に広まっていっています。あごの骨に土台を作って義歯を取り付けるやり方なので、となりの歯を削ったり器具を取り付けたりする必要もなく、迷惑をかけないのも良いところです。

しかし気をつけなければならないのは、インプラントは本物の歯ではないから、メンテナンスをしなくても虫歯にならないので安心、などと思ってはいけないことです。

インプラントの素材そのものはチタンなど、半永久的に使えるというくらい頑丈なものですし、そもそも虫歯に関しては素材が違うので無関係なのですが、歯周病は無視できないからです。インプラント周囲炎というものが天敵で、これにかかるとインプラントの周囲の骨が溶け出し、結合していたはずの骨を失った土台がその場にとどまれなくなってしまって、抜け落ち、義歯を失うことになるのです。

それを防ぐためには日々のメンテナンスしかありません。歯磨きが大切です。仮に口の中の歯がすべて自分の歯ではなくなって義歯だけになってしまったとしても、歯垢や歯石は発生しますし、これが周囲炎の原因です。歯石がついてしまったら、放置すると自然になくなることはありませんから、歯科医院でスケーリングをしてもらい、とってもらう必要があります。これをさぼると、数年で使い物にならなくなるかもしれません。あごの骨が溶けてしまうと、他の治療法でカバーしようとしたときにも障害になることが考えられ、避けなければなりません。

ですから、インプラントにした場合はまず歯磨き、そして定期的なメンテナンスを歯科医院で受けることが大切なのです。広島で探す場合も、インプラント治療で、有名な歯科医院を探すようにすると、治療そのものだけでなく、定期的なメンテナンスの期間、メンテナンス方法、トラブルが発生したときの対処をきちんと行ってくれます。


広島でインプラントのメンテナンスに関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ