広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

歯周病とインプラントの関係

昔は、ひどい虫歯になってしまったら、糸を巻きつけて、えい!と抜いてしまえばいいなどという乱暴な考え方をしていた時代もありましたが、いまではすっかり昔のことです。歯科先進国からの情報が入り、歯を白く保つことも芸能人だけでなく一般人の中にも価値があることだというのが広まっていっています。歯科の進歩はそれだけではありません。比較的小さな虫歯であっても大きめに削って金属で埋める、ということしかなかったのが、レジンと言われる白い樹脂素材で小さく埋めることができ、またレジン自体の質も上がっているので、白い素材での治療も幅広く可能になっています。

失った歯に関しても同様で、部分入れ歯、ブリッジだけだった治療法に、インプラントが加わりました。治療方法は、あごの骨に土台を作り、義歯を取り付けるので、周囲の歯を削ったりすることなく、自分の歯のように食事をとれるので広まっています。
ただしインプラント治療には注意が必要です。特殊な、長期間の研修など必要なく、一定の講習を受ければ可能な治療法だからです。熟練の治療者と初心者でははるかに力量に差があるにもかかわらず、同じステージに立っているのです。

他の歯の治療でも力量差はありますが、インプラントの場合、治療を失敗するとあごの骨も大きく失う危険があるので、他の治療法の選択肢が著しく狭まり、今後に大きく響きます。

たとえば、インプラントは歯周病をきちんと治してからでないといけないのに、そのあたりをあいまいにしたまま治療をしてしまうと、まだ口の中に歯周病菌が残っているので、インプラント周囲炎という歯周病にかかってしまうことになります。あごの骨が溶け出し、やがて土台から失うことになるでしょう。またインプラント治療をしてからだと、歯周病の進行も早まる傾向にあるので、歯周病指導ができない歯科医院での治療は近い将来にあごの骨まで大きく損なう可能性が高いです。

治療そのものの質にプラスして、歯周病指導をきちんと行える歯科医院が良いです。分業制が進むアメリカでは、インプラント専門医に治療を依頼することが当然とまで言われていますから、広島などでも、歯科医院選びからじっくりと時間をかけてまちがいないでしょう。
そして、たとえ治療を受けてしまった後で、この歯科医院では自分の歯を守れないかもしれない、と感じたなら、他の歯科医院を受診すると良いでしょう。他院で評価を聞くセカンドオピニオンというのは患者の当然の権利ですから、他院に行くと聞いて嫌な顔をする歯科医はあまり信用できないかもしれません。



広島でインプラントの感染症に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ