広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

抜歯即時埋入のメリット、デメリットは?

インプラント治療は広島の歯科クリニックでも広く行われる一般的な治療の一つですが、その治療方法は黎明期に比べると格段に広がっています。そもそもインプラントの治療は骨とチタンとの融和性の発見が大きな転換点となっていますが、最近では従来の治療法の問題点を改善しながら、より患者負担の少ない治療法も推進されています。

そうした数あるインプラント治療の中でも、広島のクリニックでも多くの方に質問をお寄せ頂くのが抜歯即時埋入という治療です。即時という言葉でも分かる通り、この治療法では抜歯後すぐにインプラントを埋め込む治療をスタートします。一般の方にはさほど違いやメリット・デメリットがわかりにくいこの手法ですが、これまで広島で行われてきた従来の治療と比較しながら見ていきましょう。

インプラントは骨とチタンとの融和性が重要ですが、抜歯後の骨は不安定なので安定して土台を埋め込むことが非常に困難でした。さらに抜歯後は炎症のリスクなども高くなるので、通常は抜歯後数ヶ月の期間を置いて治療を開始していました。しかし、こうした方法は治療が分割されることによる患者負担の増大など様々なデメリットが指摘されていました。

そこで登場したのが抜歯即時埋入で、これは現在広島でも行わている治療なのですが、抜歯後に数ヶ月の空白期間を設ける必要が無く、抜歯をしたその場でインプラント治療が開始出来ます。こうした抜歯即時埋入のメリットとしては当然治療期間の大幅な短縮が挙げられます。通常抜歯から調整まで一年以上を要する治療ですが、こうした抜歯即時埋入によりはるかに短期間での治療が可能になりました。また生理上抜歯後は生体内の自己治癒機能が活発化されているので、術後の回復も早くスムーズに日常生活に戻ることが出来ます。こうしたメリットから広島でもよく選択される治療法になっていますが、残念ながら全ての方に適用出来る訳ではなく、デメリットも存在します。

抜歯即時埋入はある程度骨の厚みや量があることが前提となるので、歯周病やその他の先天的な要因によって不十分な骨の環境である場合には治療が行えません。また広島でも比較的新しい治療法で、さらに高度な医療技術や設備が必要になるので、必ずしも全てのクリニックで抜歯即時埋入を選択出来る訳ではありません。

このように抜歯即時埋入を行う上では十分にメリットとデメリットを考慮した上で選択する必要があります。インプラントは基本的に保険適用外なので、それぞれの治療法によって負担額も大きく違ってきますが、それらもトータルで考慮の上、広島での治療可能なクリニックをお探し下さい。


広島でインプラントに関するメリットについては【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ