広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

従来のチタンインプラントと最新HAインプラントとの違い

インプラントという言葉を知っている人はいるのではないでしょうか。インプラントは広島を始めたくさんの場所で行っているのですが、感染症やアレルギー症状など人体の影響が少ないチタンを主な材料としています。しかし、現代はさらにインプラント技術が向上してHAインプラントを行うようになりました。では、今までのチタンインプラントとHAインプラントの違いを紹介します。

まずチタンインプラントは名前の通り、チタンが原材料で作ってあります。しかし、今までのチタンですと、どうしてもチタンインプラントと骨との隙間が出来てしまい、その隙間から感染症を起こすというデメリットが生じていました。これは広島でもインプラントを行っている歯科ならどこでも問題になっていた事です。

しかし、最近の技術で出来たHAインプラントはハイドロキシアバタイトと呼ばれるもので従来のハイドロキシアバタイトをコーティングした仕上がりになっています。この成分の大きなメリットは人間にきわめて身近なもので歯や骨の主成分になっています。人間の成分に近い事で違和感を少なくし、利用している側に負担を与えにくくなります。

また、実際にインプラントを利用した人は、骨との結合性が良いので隙間が生じにくく、感染症のリスクがぐっと減ったと言われています。また、チタンインプラントに比べて骨と結合する時間も短いので治療期間も短くてすみます。さらに結合が早いので抜歯をしてすぐにインプラントを埋め込む事が可能になり、患者さんの負担を減らす事が出来ます。

このようにチタンインプラントよりもHAインプラントンの方がすべての事においてメリットがあり、患者さんのリスクを大幅に減らす事が出来ました。これは、広島のインプラントだけではなく、全国でも同じなのですが、ただ一つだけデメリットがあります。それは、費用がチタンインプラントに比べて高いところです。ですので、費用はそれなりにかかると思ってください。これ他の県でも同じ事が言えます。

このようにインプラントはどんどん技術が向上していきついに人間の歯や骨に近いもので出来るようになりました。人間の骨などに近づく事で当然使いやすくなりますし、リスクが減ります。ですので、インプラントを使うならHAインプラントがオススメです。しかし、どうしても費用が高くなってしまうので気をつけてください。もし、インプラントに興味があれば広島にあるトリプルエープラスデンタルクリニックのインプラントを利用する事をオススメします。


広島でインプラントに関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ