広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

抜歯早期埋入とは?

最近では、広島の歯科では、インプラント手術が話題となっています。広島の歯科での、インプラント早期埋入とは、どういったものかというと、抜歯から4~16週間後に、抜歯部位の方へ、広島の歯科でインプラントの埋入を行うことを指します。広島の歯科で抜歯を行った後、4~8週間後に、軟組織が治癒したころの時期にインプラントを埋入するものと、さらには12~16週間後、抜歯部位における、骨の部分的治癒などをを待って広島の歯科でインプラント埋入するものとがあります。

こちらの広島の歯科でのインプラント抜歯早期埋入のメリットですが、まずは、処置歯に局所的である病変などが仮にあった場合においても、対応が叶であるということです。さらには、硬組織、軟組織の治癒を待つということにより、広島の歯科での、インプラント埋入であったり、カントゥアの形成などがしやすいといったメリットがあります。

ただし、これには気を付けなければいけないことがあります。
まず、広島の歯科で、抜歯とインプラント埋入というのを、一度に行うという手術法である、即時埋入というものに比べると処置時間などが伸びるということになります。つまり、即時埋入に比べると、治療時間などが長引きますので、仕事や学業などがある場合、これらに差し支えてしまうというケースなどもあります。あらかじめ、治療時間がかかるということ、このことを頭に入れておく必要があります。
また、こちらの抜歯早期埋入の場合には、その人の抜歯部位の形態などによっては、広島の歯科で、付加的な硬組織、軟組織などの造成といったものが必要になるというケースなどもあります。

いずれにせよ、その人の口の中の状態にもよりますし、病変などを実際に見なければわからないケースもあります。
病変をしっかりとみて、そしてどの治療法が良いのか、ということを広島の歯科でしっかりと確認をしなければいけません。
まずは、インプラント手術が可能かどうか、まずは歯科医に相談をすることが必要です。
インプラントには、その人の、顎の骨の厚みなどを測る必要がありますし、手術に耐えうるかどうか、ということをしっかりと判断してもらうことが必要です。まずは、広島において、インプラント治療を行っている歯科医院選びをすることが必要です。
また、どちらの治療法が適しているのか、ということをアドバイスを受けながら考えて、自分に合った治療方法などを選ぶ必要があります。


広島でインプラントの治療内容に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ