広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

リッジエキスパンダーについて

インプラントを入れるときには、骨の状態をチェックして、それからドリルなどを利用することで入れることになります。しかし骨の状態によっては、そのままの方法では使えないことがあり、何らかの器具を利用して骨の幅を広げるような措置を取らなければなりません。こうした方法を取らないままだと、骨が不足して固定することが困難となってしまうケースがあるため、しっかり固定するようにするためにも骨の幅を広げることが必要になってきます。


骨の幅を広げるために必要なものがリッジエキスパンダーであり、広島の歯医者でも利用されている器具の1つとなっています。骨の厚みが不足している人は、インプラントを入れることが不可能となっているので、それを支えるために必要な骨を広げることで対応することになります。この器具はそうした幅を広げるために使うもので、これが無ければ厚みの足りない方は利用することができません。とても重要なものの1つとなっており、支えてくれる道具の1つとなっています。


基本的には厚みの足りない骨に対して、他の部分の骨がインプラントを支えられるような状態にしています。足りない部分は別のところが補えるような感じにしておくことで、しっかりと固定してそのままの状態にすることができるのです。本来は骨が支えられるような感じにしていなければならないのですが、厚みの足りない骨ではどうしようもならないので、リッジエキスパンダーを利用して広げることを行い、骨を支えられる面積を増やすことになります。
しかし利用する場合は、リッジエキスパンダーがインプラント治療のためであることと、骨の海綿体がしっかりと作られていなければなりません。これが無ければ使ったときに、別の部分にまで影響を及ぼしてしまいます。

インプラントのために使うものなのに、骨以外の部分に傷をつけるようなことがあってはならないので、その確認をしてからリッジエキスパンダーを利用することが多いです。稀に利用できない方がいることも知っておいてください。


広島でもこうした方法でインプラントの治療をよりよくすることが可能で、骨を広げることで固定することが可能となるケースがあります。広げるために必要なものがリッジエキスパンダーであり、多くの歯医者で利用されているものです。治療を受けている人が、何とかして固定できる状態にするためにも、骨の状態をチェックした上で利用するかどうかを判断しています。


広島でインプラントの治療法に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ