広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

インプラントは医療費控除になるのか

医療行為として認められているインプラントですが、自由診療のために医療費控除が認められていないように思われています。実際には認められているので、確定申告によってこれだけ利用したことを伝えて方がいいです。自由に行った治療となっているため、高額な利用料金が生まれていることは事実なので、これをしっかり税金で還付できるようにしておけば問題はありません。還付できるような体制については作られていますので、インプラントが原因で駄目だといわれることはありません。

使っている金額が問題となっていて、広島でも一定の額を計上しないと医療費控除は受けられなくなっています。医療費控除はちょっとした金額を計上しても駄目なケースが多く、控除しても0円表示になってしまうことが多いです。インプラントは高額な治療を受けることになるので、普通に行っているだけでも控除の対象になっていることが多く、認められる可能性は高くなっています。

気をつけなければならないのが、インプラントを行っていることがわかるようにしておかなければならず、インプラント以外の方法で治療をしているものと混ぜないようにすることです。混ぜてしまうと計算が困難となるだけでなく、どのような用途で行ったのかがわからず、最悪の場合は対象外となっていることも入れてしまうからです。治療を受けていること自体は対象となっているのですが、別の目的で行ったことが、間違っている判断されることはあります。

メンテナンスなどの費用も対象となっているので、広島の歯医者を利用しているなら、どのような場面でも医療費として計上することができます。例え高額でなくても、それが医療行為として行われているのであれば対象となります。インプラントはその代表的なことといえることで、メンテナンスをしっかり行っていることによって、維持するために必要なこととなっているので、これは控除する対象として認められることとなります。

高額すぎて支払うことが大変になってしまうことも多いので、控除をして少しでも返してもらえるようにしておいたほうがいいです。どうしても不安があるなら、インプラントを行うときに説明をしっかり聞いておくことを考えてください。一部認められないものが存在していることがあるので、そうしたことについては質問を行うようにして、認められているかどうかを判断するようにしてください。駄目なことまで入れると、対象外として修正をすることになります。


広島でインプラントの価格に関するご相談は【トリプルエープラスデンタルクリニック】まで

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ