広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

CGF再生慮法とは?

インプラント治療は歯を失った場合に自分の顎の骨に対してインプラントを埋め込み、そこに人口歯を装着して歯を再生させる治療法となります。この方法で歯を再生させた場合、自分の歯のようにしっかりと噛むという動作が可能になるため、入れ歯のようなストレスを感じることもありません。しかしインプラント治療を行うためには顎の骨の状態がインプラントの埋め込みに耐えられることが最低条件のため、骨が薄い人の場合はインプラント治療が行えない場合もあります。

その場合に用いられるのがCGF再生治療法と呼ばれる治療法で、これは薄くてインプラント治療に適さない骨を人工骨や自家骨の移植によって厚みを確保する治療法となります。このCGF再生治療法には高い技術と経験が必要なため、全ての歯科でCGF再生治療が出来るわけではありません。現在広島のトリプルエープラスデンタルクリニックは日本の中でも屈指のインプラント治療歯科となっており、CGF再生治療法も取り入れたインプラント治療を行っています。


基本的なCGF再生紙療法は、自己血液から精製したCGFを用いて人工骨や自家骨を移植した場所の再生を促す治療法で、CGF再生治療法を行う事により厚みの足りない部分にもインプラントに必要な高さを確保することが可能になる治療法となります。今まではPRP再生治療法という多血小板血漿を使用した再生治療で骨の厚みを確保していたのですが、この方法の場合塩化カルシウムなどの添加物が必要といった大きな問題がありました。その為再生治療にかかる時間も必要でしたし、多血小板血漿を凝固させるための添加物によるアレルギーや感染のリスクもあったと言えます。、しかしCGF再生治療に関しては、自己血液を使用して再生を促す方法のため、添加物が一切必要なく再生に必要な時間も短くて済むため、リスクが低くインプラント治療までの時間も大幅に短縮できるといったメリットがあります。


その為現在ではCGF再生治療で骨の厚みを確保してインプラントを行うのが最も進んだ再生治療法となっていると言えます。特に女性の人の場合、男性に比べて顎の骨が薄い人が多いため、歯を失った場合にインプラント治療を行いたいのに断られるといったケースが非常に多いと言えます。しかしCGF再生治療法を用いれば顎の骨の薄さを気にすることなく、インプラント治療によって歯の再生が可能になると言えるでしょう。もしインプラント治療を断られた場合にはCGF再生治療の可能な歯科へ問い合わせをすると良いでしょう。


広島でインプラントの治療に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ