広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

スプリットクレストとGBRの相違点について

インプラント治療を受ける患者様の顎の骨の厚みや骨の骨量が不足している場合にはGBR法やスプリットクレフスト法などの骨造成法を用いて患者様の顎の骨の厚みをインプラント体を埋め入れる事が出来る厚みにまで回復させた後、インプラント体を埋め入れるインプラント治療を行う流れとなります。

今回は、患者様の顎の骨の厚みが足りない場合に用いられる骨造成法であるGBR法とスプリットクレスト法の違いについてご説明をさせていただきます。


■GBR法とスプリットクレスト法の違い

歯医者でのインプラント治療で用いられる骨造成法にはGBR法やスプリットクレスト法といった各種の骨造成法があります。

これら2つの骨造成法の違いは、GBR法による骨造成法が「患者様の顎の骨の厚みが“欠損している”ケース」で用いられるのに対し、スプリットクレスト法による骨造成法では「患者様の顎の骨が“薄くなっている”ケース」で用いられる点にあります。
GBR法は「顎の骨が欠損状態にある患者様に適用される骨造成法」であり、スプリットクレスト法は「患者様の顎の骨の厚みが5mm以下の厚みとなっているケースに用いられる骨造成法」となります。


■GBR法のメリット

患者様の顎の骨である歯槽骨が欠損状態となりそのままではインプラント体を埋め入れる事が出来ないケースで用いられる骨造成法のGBR法には様々なメリットが存在しています。

GBR法のメリットとしては、

・骨吸収が発生して欠損状態となっている顎の骨にインプラント体を埋め入れる事が可能となる点

・骨が新しく再生される事によって歯肉も美しく滑らかな形状となる点

があります。


■スプリットクレスト法のメリット

スプリットクレスト法はスプリットキャスト法とも呼ばれ、インプラント治療を受ける患者様の顎の骨の厚みが足りない場合に用いられる骨造成法です。

スプリットクレスト法のメリットには、

・患者様の顎の骨の厚みが5mm以下と薄くなっている場合においてもインプラント治療が可能となる点
(3mm以上の顎の骨の厚みが必要となります)

・インプラント体の本体の周囲が患者様のご自身の骨で囲まれる為安定性が得られやすい点

・外科的処置を行う範囲が他の骨造成法よりも少なくて済む点

などがあります。


【安心・安全のインプラント治療はトリプルエープラスデンタルクリニックがおすすめ】

広島市内にあるトリプルエープラスデンタルクリニックでは最新の治療器具と治療施設を備えた歯医者がいることで有名であり、他府県からインプラント治療に訪れる患者様も珍しくありません。
安全で安心出来るインプラント治療を受けるならトリプルエープラスデンタルクリニックをおすすめします。


広島でインプラントに関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ