広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

インプラントオーバーデンチャーっていいの?

高齢になればなるほど歯周病や歯槽膿漏症のリスクは増大しますが、それに伴い歯を失うリスクも相対的に増大します。日本人が歯を失う原因の第一位がこうした歯周病ですが、生涯健康な歯を維持するというのはこれらリスクのため非常に困難です。また広島の歯医者でも事故など外的なショックにより歯や顎を損傷される方もいらっしゃいますが、これらの場合には従来の差し歯やインプラント治療ではなく、かなり大掛かりな治療になることがあります。

これまで広島でも残存する歯が極めて少ない場合や無い場合には総入れ歯などを適用していましたが、粘膜で固定するこれら総入れ歯は必ずしも快適なものとは言えません。咀嚼力の大幅な低下や日常生活での違和感など相当なデメリットが想定されますが、そうした中広島でもインプラントオーバーデンチャーの適用が広がっています。インプラントオーバーデンチャーは従来の入れ歯ともインプラントとも異なる画期的な治療になっていますが、ここではその具体的な治療内容について見ていきましょう。

前述の通り通常の総入れ歯では粘膜で取り外し式の入れ歯を固定していましたが、食事中のズレや痛みなどのトラブルが広島の歯医者でもよく報告されています。一方インプラント治療は骨にチタンの土台を埋め込み、そこにネジを締めるように人工の歯を取り付けるという治療法ですが、インプラントオーバーデンチャーではこれら両方のメリットを組み合わせたものになっています。この治療では顎に4本の土台を埋め込み、そこに連結するように総入れ歯を装着します。粘膜ではなく、顎に埋め込んだ土台により強固に装着することが出来るので、食事中や会話中にグラついてしまうこともなく、まるで自分の歯のように総入れ歯を取り付けることが出来ます。これまで総入れ歯で不満を感じていた方の多くのストレスを改善出来る画期的な治療法になっており、広島でも総入れ歯から移行する方も多いですが、いくつかのデメリットも存在します。従来入れ歯は大掛かりな外科手術も必要なく、短期間で極めて患者負担の少ない治療法でした。

しかし、土台を骨に埋め込むという作業は非常に大掛かりで、歯科治療というよりは外科手術を伴う治療が必要になります。そのためその他の手術と同じく、高血圧症の方など麻酔が適用出来ない方の場合には事前の検査で適用が不可能となることもあります。また治療費も総入れ歯に比べると高額になることが多いので、金銭面での釣り合いをとった上で治療を選択する必要があります。


こうしたデメリットは小さなものではありませんが、広島では多くの方が治療を検討されています。広島の歯医者でも実際インプラントオーバーデンチャーによってこれまで不快だった食事や会話を改善し、楽しい生活を取り戻した方も多くいらっしゃいますので、ぜひ一度ご検討下さい。


広島で歯が無くなった時の対処法なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ