広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

抜歯即時埋入と抜歯待持どっちがいいの?

インプラント手術による歯の再生を検討する際には、専門用語に対する知識を深めたいものなのであります。

そこで耳にする専門用語の中にインプラントの施術法としまして抜歯即時埋入インプラントと抜歯待持インプラントがあり、従来は後者によるインプラント施術法が大半を占めておりました。具体的に抜歯待時インプラントの方法としましては、虫歯などにより歯の機能を損なってしまっている歯を抜歯した後に、傷口を含む歯茎の状態が回復するのを待ってからインプラント体を埋め込む作業を行うものであり、抜歯から1ヵ月以上経過した後に施術を行うことが一般的とされているのであります。

この治療方法を行うことにより抜歯による傷口の状態をしっかりと見極めることが可能となりますので、治療後の感染リスクなどを最小限に抑えることが可能とされています。また比較的慎重な施術法であるとも考えることが出来ますので、インプラントの早期脱落などの治療失敗といえるリスクが非常に低くなるとされています。しかしながらデメリット面も存在しておりまして、それは施術全体の期間が長期化してしまう点であることなのであります。

そこで近年注目されているインプラントにおける施術法が抜歯即時埋入インプラント法であり、具体的な施術法としましては抜歯した当日にインプラント体を埋入させるものなのであります。この施術方法は抜歯待持によるインプラント施術と比較した場合には、1回の手術でインプラント体を埋入させるので治療期間が非常に短くさせることが可能となるのであります。

そのために身体に及ぶ負担が少なくて済むといった利点を有しているのですが、注意しなければならないのは高い技術力が必要とされている施術法なのであります。つまり抜歯後の歯茎における状態をしっかりと見極めて最適な位置にインプラント体を埋入させる必要が有り、インプラント手術における技術が未熟であるならば施術全体を失敗してしまう可能性があるとされているのです。

そこでこの抜歯即時埋入インプラント法を選択する場合にはなるべく信頼のおける歯科クリニックを選択することが非常に重要であり、広島で歯科クリニックを探している方はトリプルエープラスデンタルクリニックを受診することをおすすめするものなのであります。こちらの歯科クリニックにおきましては高い技術力を有した院長がインプラント手術の執刀を担当しておりますので、安心して施術全体を任せることが可能とされています。また口腔内の状態にフィットした最適の治療計画をカウンセリングや審査によりまして提示されることになりますので、料金面を含めて安心して受診することが出来るのであります。


広島でインプラントに関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ