広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

縫合で使う糸はなに?

広島でインプラント治療を受けているという方は少なくありません。
広島の歯科では、さまざまな歯科がインプラント治療を行っています。

広島のインプラント治療では、失った歯を再生させることができますし、また機能性や、見た目的にも本当の歯と遜色なく生活することができるため、人Kの治療方法となっています。

広島でインプラント治療を行う際には、まずは歯科医院に相談をして、自分の治療方法を決めることが必要となります。
たとえば、広島でインプラントをするにしても、1度で終わる方法と、2回ほど治療をしなければならない方法があります。
広島でインプラントをするにしても、仕事などに支障が出ないように、治療計画などを行う必要性があります。
このため、まずは、広島の歯科で相談をすることが必要です。

そこで、抜歯の際、またインプラントの際に、縫合に使う糸についてですが、まず、よく手術などで使われている吸収糸というものはあまり広島の歯科では、使用されていないことが多いです。吸収糸というのはどういったものかというと、抜糸の必要性がない糸で、生体に吸収され、そのうち無くなってしまうタイプのものがこちらの溶ける糸となります。インプラントの手術においては、歯肉を切り開くことになりますので、その後で糸でしっかりと傷口を縫っておく必要があります。その歯茎を縫うための糸というものが縫合糸です。インプラント手術においては、細く、そしてほどけにくい絹糸などが用いられる場合が多くなっています。

何故、吸収糸を使わないのか、というと、強度の問題があるからなのです。口のなかなので、食事をしなければいけないですし、声なども出すことになります。そっとしておくわけにはいきません。縫合が取れてしまっては特別な薬が漏れる可能性がありますので、危険です。
このため、口中の縫合は、丈夫な糸というものが、必要不可欠となります。

さらに、傷口への負担などを最小限にするためには、出来るだけ細い針と丈夫な糸を使用していることが多いです。近年ではナイロン製の糸などもありますが、身体にいれるものなので、人口の糸よりも、天然の糸の方が良いといわれています。

さらに、傷口の状態によりますが、通常、抜歯してから1週間で抜歯となります。しかし、歯肉内などに、テルプラグといったコラーゲン繊維を使用している場合は、2週間後の抜糸となります。糸はそのまま放置すると、ばい菌等が繁殖しやすくなってしまいますので、必ず抜糸します。


広島でインプラントに関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ