広島・山口・島根でインプラント治療をお考えの方は
当院までご相談ください。

広島駅から車で5分 土曜日診療 連携駐車場あり(無料)

〒732-0066 広島市東区牛田本町4丁目1-7
サドラーズウェルズ2F

COLUMN インプラントコラム

インプラントと入れ歯の違い

広島ではインプラントの治療も積極的に導入されていますが、従来の治療法である入れ歯とは全く異なる治療方法となります。また異なるのは治療方法だけでなく、その後の耐久性や咀嚼力などの機能面、さらには見た目など様々な点で異なるインプラントと入れ歯ですが、広島でもどちらを選べばよいのか迷われる方も多くいらっしゃいます。ここではそれぞれのメリットとデメリットに注目しながら、両者の違いについて見ていきましょう。


まず入れ歯ですが、これは部分入れ歯か総入れ歯で大きく異なりますが、まずは見た目の特徴を見ていきましょう。入れ歯は固定する金具部分などが目立ちやすく、会話や食事の際にはひと目で入れ歯であるとわかってしまいます。そのため広島の歯医者でも女性の方は敬遠されている方も多いですが、最近では気づかれにくく審美性に優れた入れ歯も登場しています。入れ歯のメリットとしてはやはり保険が適用されるので治療費が抑えられるという点が大きいですが、歯科治療としては一般的なものなので広島でもほとんどの歯医者で治療が行えるというのも大きなメリットです。一方入れ歯のデメリットとしては、その咀嚼力の低下が重要です。入れ歯にした方の多くが感じることですが、咀嚼力が大幅に減少し固いりんごなどの果物はもちろんごぼうなどの繊維質のものも食べいくくなるので、食事の自由度や楽しみを失ってしまう方もいらっしゃいます。


では次にインプラントについて見ていきましょう。インプラントは最近ではよく知られる治療法になり、広島でも選択される方が徐々に増えていますが、メリットとしてはその高い咀嚼力が挙げられます。ほぼ健康な歯と遜色の無い程度に咀嚼力を回復出来るので、これまでの通りの食事が可能になります。またインプラント自体の耐久性が非常に高いので、大事に使えば一生使い続けられるので、再度の治療などの経済的身体的な負担を軽減出来るのもポイントです。一方広島の歯医者でもよくご相談を受けることですが、デメリットも存在します。インプラントは保険が適用されないので、治療費が高額になってしまう傾向があります。およそ一本10万円程度ですが、骨移植などその他の治療を行ったり、本数が増えれば大きな出費となってしまいます。


このようにインプラントと入れ歯は様々な点で異なりますが、治療を行う際には両者のメリットとデメリットを考慮した上で行うことが重要です。広島にはどちらも行える専門クリニックが山のようにありますので、ぜひお近くのクリニックにカウンセリングを受けご納得の上で治療を開始してください。


広島でインプラントのカウンセリングをご希望の方は【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

広島・山口・島根で
インプラント治療をお考えなら

日本インプラント学会認定医・指導医のいる
トリプルエープラス
デンタルクリニックへ