広島でインプラントをお探しならトリプルエープラスデンタルクリニックまで

  • 土日
    診療
  • 平日夜
    19時
    まで

診療のご予約・お問い合わせは 0120-82-7587

アクセス・診療時間はこちら

0120-82-7588

インプラントコラム

インプラントコラムCOLUMN

インプラントオーバーデンチャーとは

2016.02.03

インプラント治療や歯科矯正を專門に扱うクリニックは広島にも数多くありますが、その手法は日々改良され、これまでデメリットになっていた様々なトラブルも解消されるようになりました。そうした中でも、インプラントオーバーデンチャーと呼ばれる手法は、従来の入れ歯の構造を根本から変える画期的な治療になっており、広島でも多くの方に支持されています。ここではこうしたオーバーデンチャーの具体的な流れについて、広島での治療例を元に見ていきましょう。

インプラントオーバーデンチャーは通常の入れ歯とは違う施術だと書きましたが、まず通常の入れ歯について整理しておきましょう。入れ歯はブリッジと違い、歯で支えるのではなく粘膜を用いて入れ歯本体を支えます。取り外しが容易で、洗浄や手入れも簡単に行えるのでこうした構造は便利なのですが、支持性が弱く咀嚼力も大幅に下落してしまうので、必ずしも健常な歯の状態を取り戻せるものではありませんでした。

しかし、今回のテーマであるインプラントオーバーデンチャーでは、入れ歯を粘膜ではなく、歯やインプラントの土台で支えることが出来ます。これだけでは、イメージが難しいと思いますので、次に広島でもメジャーなインプラントの概念について見ていきましょう。インプラントは人工の歯を取り付けていきますが、正確にはこの際の土台をインプラントの本体と呼んでいます。粘膜に装着するのではなく、骨に直接この土台を埋め込んでいき、その上に人工の歯をネジのように取り付けるという方法になっていますが、今回のオーバーデンチャーではこの土台を用いて入れ歯を固定していきます。

先ほど入れ歯は支持性に弱く、咀嚼力も大幅に下がってしまうと書きましたが、骨に土台をしっかりと埋め込み、その上に固定が出来るオーバーデンチャーの手法では、従来の入れ歯よりもはるかにそうしたデメリットが改善されるものになっています。そのため広島でも多くの方に支持されていますが、そのメリットとして先ほど上げた支持性や咀嚼力の他にも、構造がシンプルなので治療がスムーズに行える点や、長期に渡り安定して入れ歯を固定出来る点など様々なポイントを挙げることが出来ます。

もちろん広島でも治療を行えるクリニックが限られるなど現実的なデメリットは存在しますが、広島市駅など主要駅の近くにはこうしたオーバーデンチャーなど最新の治療を受けられる歯科クリニックがありますので、ぜひ今後入れ歯やブリッジなどをお考えの方は、今回ご紹介したオーバーデンチャーも候補に入れて検討してみてください。

広島でインプラントの治療内容に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

トリプルエープラスデンタルクリニック

〒732-0066
広島市東区牛田本町 4丁目1-7 サドラーズウェルズ 2F
tel:082-511-2227
Freedial:0120-827-587

0120-827-587

診療時間
9:30~13:00
15:00~19:00

★土曜・日曜は17時まで診療
日曜日はインプラント・矯正診療のみ
休診日:水曜日・祝祭日

pagetop