広島でインプラントをお探しならトリプルエープラスデンタルクリニックまで

  • 土日
    診療
  • 平日夜
    19時
    まで

診療のご予約・お問い合わせは 0120-82-7587

アクセス・診療時間はこちら

0120-82-7588

インプラントコラム

インプラントコラムCOLUMN

インプラントでソケットリフトとサイナスリフトはどっちがいいのか?

2016.02.01

最近では失った歯の部分の治療にインプラントをする人が増えました。従来の治療法であるブリッジや入れ歯などは残ったほかの歯に負担をかけたり違和感を感じることもありますが、インプラントなら骨に人工歯を埋め込むことでほかの歯に負担をかけず自然で違和感のない自分の歯のような感覚の仕上がりになります。

大変人気のインプラント治療ですが、歯医者さんによってはインプラント治療ができない場合があります。インプラント治療ができない原因の1つに人工歯を埋め込むための骨が薄いという場合があります。特に上顎の奥歯部分は下顎よりも骨が薄く、抜歯後に放置するとどんどん薄くなってしまう傾向があります。そうするとインプラントに耐えられないので、治療困難でインプラントを断る歯医者さんも出てきてしまうのです。

ただ、歯医者さんによっては上顎の骨が薄くなってしまっていてもインプラントをしてくれる可能性がある歯医者さんもあります。その歯医者さんの一つが広島にあるトリプルエープラスデンタルクリニックです。広島にあるトリプルエープラスデンタルクリニックは、広島の数ある歯医者さんの中の口コミランキングでトップを取った歯医者さんで技術力に定評があります。この歯医者さんは、他院でインプラントを断られてしまった患者さんでも高い技術力によって多くの人をインプラント治療してきました。特にインプラントが難しい上顎の骨の薄くなっている部分も、ソケットリフトとサイナスリフトという技術によってインプラントを可能にしてきたのです。

ソケットリフトとサイナスリフト、この治療法の違いですが簡単に説明するとソケットリフトの場合はまず普通のインプラント治療のように歯槽骨にドリルで穴を開けます。1㎜ほど歯槽骨を残しておいて、そこに骨補填剤や自家骨を填入してスペースを作ります。すると、骨の厚みが増すのでインプラントができるようになるというわけです。一方、サイナスリフトの場合は、骨の薄くなっている部分の上顎の側面を切開します。そしてサイナスと呼ばれる上顎洞に骨補填剤や自家骨を移植するという方法になります。かなり骨の厚みが増すのでこれもインプラントが可能になります。

ではどちらの治療法でインプラントするのがいいのかですが、これは残っている上顎の歯の薄さによります。初期固定ができるくらいの歯が残っていなければソケットリフトは難しいです。また、技術力もかなり影響します。先ほども紹介した広島にあるトリプルエープラスデンタルクリニックであれば技術力が高いのでサイナスリフトをしないでソケットリフトによってインプラントができる場合もあります。でも、広島にある歯医者さんであってもそれほど技術力がない歯医者さんであればサイナスリフトを進める場合もあります。また、技術力がなければインプラントを断られる可能性があることもお話ししました。ですから、どちらがいいということではなくてまずは骨の状態がどうなのかを見てもらい、その歯医者さんは信頼できるのかをチェックすることが選ぶ基準になります。

広島の場合はトリプルエープラスデンタルクリニックのおかげで全体的にも歯医者さんのレベルが高くなっています。ですから広島でインプラントしたいという人にとっては難しいインプラントの場合でも治療する歯医者さんが多くて安心です。

広島でインプラントの治療内容に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

  • 審美治療・矯正治療などのご相談はこちらへ
  • どうしてもインプラントが怖いという方はこちらへ

トリプルエープラスデンタルクリニック

〒732-0066
広島市東区牛田本町 4丁目1-7 サドラーズウェルズ 2F
tel:082-511-2227
Freedial:0120-827-587

0120-827-587

診療時間
9:30~13:00
15:00~19:00

★土曜・日曜は17時まで診療
日曜日はインプラント・矯正診療のみ
休診日:水曜日・祝祭日

pagetop