広島でインプラントをお探しならトリプルエープラスデンタルクリニックまで

  • 土日
    診療
  • 平日夜
    19時
    まで

診療のご予約・お問い合わせは 0120-82-7587

アクセス・診療時間はこちら

0120-82-7588

インプラントコラム

インプラントコラムCOLUMN

一回法と二回法の違い

2016.01.27

虫歯の治療と言うと、虫派の箇所を削りこんでそこに何かを詰めて歯の形を元に戻すというのが、基本の方法であります。次の段階としては、虫歯が更に進んだ場合、削ることで歯対応出来なくて神経を殺して抜歯することが行われます。その場合、その両側の歯に支えを取って抜歯で抜けてしまった歯のところに人造歯を設置します。これがブリッジ治療法であります。

だんだん年齢を重ねて、抜歯する歯が多くなってくると入れ歯を歯茎にフィットさせて抜けた歯のところに歯の集団を置くようにします。これが入れ歯であります。ただ入れ歯の場合、噛み具合は基本的に良くないです。この当たりの虫歯の進み具合での治療法の種別は、との歯医者さんでも同じです。広島の歯科医でもそこのところは同じかと思われます。如何に元気な歯を残して、使い勝手を落とさないようにしようというのが歯科医の基本の考え方になります。広島の一般の歯科医もインプラントデンティストも同じ考えをしています。

そのようなところに、最終兵器のような形で現れたのがインプラント施術であります。顎の骨に、直接ボルトを接合して一体化させることで生まれ時に持って生まれた天然の歯並みの新しい歯を作る方法です。

ちなみに現在のインプラントの主流は2つにわかれています。平成の今、インプラントでは、スクリュータイプとシリンダータイプの2つがよく使われる方法であります。スクリュータイプ

ドリルで骨にねじ切りをして、ねじをぐりぐりと回すように埋め込むため、埋め込む箇所の穴を大きく取らなくてよいです。そして、骨にボルトをねじ込むのでがっちりと結合するため長持ちする、安定性のある形です。片やシリンダータイプは、ゴリゴリとねじを回さないでも埋め込めるので高い技術がいりません。そして、埋め込んだ当初は安定していないため、2回法に適しています。表面積が小さいという欠点はありますが、現在では表面を粗くして骨によりくっつきやすくしています。

インプラント手術にはかかる時間で長短にわけています。1回法は、インプラント手術を1回で終わらせる方法です。骨が十分にある人向けの治療法に当たり、 骨にインプラントを挿入し、人工歯を装着します。片や2回法は、インプラント手術を2回で終わらせる方法のことを示します。具体的には、インプラントを埋め込んだ後、歯茎を一度閉じてインプラントと骨がくっつのを静かに待ちます。その後歯茎を切開してインプラントの頭を掘り返して人工歯を装着します。確かに、この埋め込んだ方法は1回法より時間はかかるものの、インプラントと骨と結合がよりかっちりしたものになりそうですね。

広島でインプラントの治療法に関するご相談なら【トリプルエープラスデンタルクリニック】へ

トリプルエープラスデンタルクリニック

〒732-0066
広島市東区牛田本町 4丁目1-7 サドラーズウェルズ 2F
tel:082-511-2227
Freedial:0120-827-587

0120-827-587

診療時間
9:30~13:00
15:00~19:00

★土曜・日曜は17時まで診療
日曜日はインプラント・矯正診療のみ
休診日:水曜日・祝祭日

pagetop